見学のお申し込み

梅華会見学会について

梅華会では、当院に関心をお持ちいただいた開業医の先生や開業希望の先生を対象に、随時医院見学の機会を提供しております。施設のご案内はもちろん、見学にお越しくださった皆様に沢山の学びや気付きを得ていただけるよう、スタッフ一同心を込めて対応させていただきます。
診察だけに集中している医師の診療業務や、日本トップレベルのクラークスタッフ、法人や分院の運営方法など、先生方にとってどれもが先進的で魅力ある見学になること間違いないはずです。また、理事長やスタッフとの交流によって、クリニック間やスタッフ間での情報交換の関係も築き上げ、お互いに高め合っていける場になればと心より望んでおります。

梅華会の見学会における3つのポイント

1医師にしか出来ない診察業務に集中できる診療体制

当院はクラーク制度をとっており、クラークスキルは日本屈指のレベルと考えております。医師がカルテ入力などを行わないことにより負担が減り、患者さんに真剣に向き合う為には、クラーク業務をスタッフで行うことが望ましいと考えているからです。
また、院長は経営者でもあるため、診療以外の現場業務をするのではなく、スタッフに業務(事務業務)を任せることで、院長しか出来ない経営業務にも集中することもできます。

  • 日本屈指のクラークスキルを見ることができる。
  • 患者さんと向き合う診療を見ることができる。
  • 業務分担や、インカムを使ったチーム医療を見ることができる。

2患者さんとの関係づくり

西宮で耳鼻咽喉科といえば梅華会と認知されるくらい地域の患者さんにはご来院いただいております。 阪神間の耳鼻咽喉科激戦区で苦楽園本院は2008年開院、阪神西宮院は2011年開院ですが、今でも多くの新規患者さんが来院され、また開院当初からの患者さんにもお越しいただいております。 それは、梅華会が地域密着の診療を行ってきたからこそ、口コミでご紹介いただいていると考えております。 ご不安を抱えられて来られる患者さんにしっかりと情報提供や説明をし、病気を理解していだくことにより安心され、治療期間の短縮にも繋がっていると信じています。

  • 患者さんに病気を理解していただくための様々なツールを見ることができる。
  • 感謝の気持ちを忘れない、親しみのある接遇対応を見ることができる。
  • 患者さんのことを第一に考え、イベントなど様々な取り組みを行っている。

3待ち時間を増やさないシステム

患者さんが増えてくると起きる問題は「待ち時間の長時間化」があります。梅華会は仕事の分業やインカムを活用し、患者さんが待ち時間が確認でき、患者さんの時間を有効に活用していただきたいと考えております。同時に、電話問い合わせなどでスタッフの時間を取られることもないので、スムーズな受診体制を確立しております。

  • 担当による分業やインカムの活用方法を見ることができる。
  • 患者さんへどのように説明や案内をしているか確認できる。
  • 急なキャンセルや不在時などのイレギュラー対応を参考にできる。

見学スケジュール

スケジュールは一例です。ご希望があれば調整いたしますので、ご相談ください。

今日も一日元気に働けることに感謝し、スタッフ皆で顔を合わせて挨拶します。
また、朝礼ではくじ引きを行い、題目にそってスタッフが発表する機会を設けております。
短い時間ですが梅華会は、「考える力・行動力・提案力」を育む場であると考えているからです。
「良い行動は、良い感情を生む」の考えに沿って、梅華会ではスタッフ同士が握手をしてから業務に取り掛かります。このような主体性を持ったスタッフが育つことにより各自が考えて行動出来ることで、ドクターの診察業務以外の負担が軽減できます。

梅華会が自信を持って言える「診察に集中できる体制」を見学いただけます。医師と連携したクラークの素早く的確な電子カルテ入力や、患者さんと真剣に向き合って診察を行う医師。スタッフは常にインカムを使った意思の伝達により、患者さんの様子に気を配り、待ち時間の削減や快適にお待ちいただき受診していただくかを考えております。
また、スタッフのアフターカウンセリング導入やiPad、パンフレットでの説明により診療時間が短縮でき、患者さんに喜ばれております。
当見学をすることにより、必ず先生のこれからの医院運営に役立つことは間違いないでしょう。

現場リーダーから事前にお伺いしているご質問に対してお答えさせていただきます。また、現場リーダーによるスタッフマネジメントや人財教育、梅華会の取り組みなどについてもプレゼンテーションさせていただきます。
質問例ナース以外のスタッフも患者さんに疾患について聞かれた場合には答えられるように勉強されていますか? 質問例マニュアル作成は何かしていますか?どのようなことを誰がしていますか? 質問例クラーク(シュライバー)は、どのようなことをしていますか?

2008年 西宮市苦楽園に開業してから、これまで多くの問題や壁がありました。患者さんが来ない・スタッフ不足や急な退職・患者さんからの待ち時間に対してのお叱りや運営方法の悩み等。それらの問題を解決してきた理事長の理念や決意、苦労話等を直接聞くことができます。医局を抜ける想いや関係業者やスタッフとの関係づくり、開業資金までの費用や経営者としての考えなど、先生の不安や疑問を是非問いかけてください。

昼食はこちらで準備いたします。
スタッフとの談話や院内見学(写真撮影はこの時間で!)をお楽しみいただけます。
最新の設備や様々なパンフレットなどのツール、整頓された棚など、自院との比較もできます。
事前には聞けなかったことや、些細なことでも昼食を召し上がりながらお気軽にお話ししていただき、良い関係づくりの場に、また梅華会の秘訣を見つけてください。

スタッフが多くなると様々な規則や制度が必要になってきます。法人としての理念に沿った枠組みやシステム制度についてご説明させていただきます。700名以上の求職者エントリーを集めた採用プロセス、院内コミュニケーションツール(チャットワーク)の活用、徳のある人事評価制度や地域貢献のイベントなど法人運営のメソッドをお伝えいたします。

気になることや、ご質問などにお応えさせていただきます。

見学時間

8:30-17:30

料金

1人目:30,000円(税込)
2人目以降:20,000円(税込)
※1団体4名様までとさせていただきます。
 5名以上の場合はご相談ください。

問い合わせ先

梅華会見学会担当係
兵庫県西宮市樋之池町22-2
e-mail:umehana-tour@umeoka-cl.com

見学のお申込はこちらからどうぞ
ページトップへ戻る